多重債務で返済に困った・・・もう借りる所もないしどうしよう!?

債務整理指南!


時効援用

時効の援用とは、借金の時効は返済の最後の日から5年を経過すると時効となります。(サラ金、銀行、信販会社から借りた場合)時効期間が過ぎたからといって債権が消滅するわけではありません。
債権者に対して「消滅時効援用の意思表示」をすることで債権を消滅させることができます。
しかし、債務の支払いをしていないとしても差押、支払命令や業者からの請求、債務の承認があれば残念ながら時効中断してしまいます。時効の援用をする前に1円でも返済してしまうとそこから5年経過するのを待たなければ時効の援用が出来なくなってしまうので注意が必要です。
時効援用ができるかどうかコチラから簡単に出来ます。


▽解説ページ
自己破産 任意整理 個人再生 特定調停 過払い請求 時効援用 信用情報開示請求

債務整理ケータイから相談できる事務所
着手金0円から!
アヴァンスで債務整理


【債務整理】するなら
ジャパンネット法務事務所



債務整理地域別で探す専門家!
北海道・東北 東京 関東 中部・北信越 大阪 近畿 中国・四国 九州・沖縄
多重債務 解決

債務整理指南!
多重債務で困ったら